教育普及活動


1. 来館者のご案内

1.1. 天体観望

150cm望遠鏡65cm望遠鏡を用いて、星や星雲などの天体をご覧いただきながら専門の職員が解説を行う「天体観望」を実施しています。原則として、土曜日、日曜日、祝日は予約なしで利用できる「一般観望」、平日は事前の団体予約が必要な「団体観望」となります。天候不良により観察ができない場合は、映像ホールで星空の解説や3Dシアターの上演などを行っています。

夜間の入館者数は1年に12,000人〜15,000人程度であり、夜間の入館者数が日本一多い天文台です。

1.2. 展示・解説

宇宙と天体観測に関する展示を行っているほか、昼間は太陽望遠鏡スペースに職員を配置し来館者に解説を行っています。150cm望遠鏡屋外モニュメントの解説ツアーを毎日実施しています。

昼夜合わせた来館者数は1年に29,000人〜35,000人程度です。この数字には、天文台の外で行った事業への参加者数を含めていません。

1.3. 団体利用

団体で来館される方には事前の予約をお願いしています。平日に来館される場合には、原則として担当の職員をつけてご案内しています。公民館、青少年団体、婦人会、福祉施設、PTA、行政、企業など、さまざまな方が利用しています。

1.4. 観測施設の提供

一般の方が望遠鏡を自分で操作して天体の観察や写真撮影を楽しめる制度として、平成20年度まで「占有利用」を行いました。平成21年度からは内容を一部見直し、「観測体験時間」として実施しています。

上記の制度とは別に、報道関係者、学校、団体などから観測施設の利用を要望された場合には、職員が同伴する形で天文台の機材を貸し出す場合があります。

1.5. イベント

親しみやすく観察しやすい天文現象について説明会や観察会を開催するなど、天文に親しみを持つ機会となるイベントを多数開催しています。

[ 今年度のイベント   2014年度   2013年度   2012年度   2011年度   2010年度   2009年度   2008年度   2007年度   2006年度   2005年度   2004年度   2003年度   2002年度   2001年度   1999年度・2000年度 ]

平成21年度からは、「ミニイベント(定時イベント)」も毎日実施しています。

(写真:解説を聞く子どもたち1) (写真:天体観望時の様子)

2. 学校教育支援

教員・指導者向けのページもご覧ください。

2.1. 学校利用

幼稚園の遠足から大学の実習まで、さまざまな形で天文台での学習が行われています。科学技術系の人材育成を目指して文部科学省が推進するスーパーサイエンスハイスクール(SSH)やサイエンスパートナーシッププログラム(SPP)の学習としても使われています。天文台での学習を希望される場合は、お早めにご相談ください。学校利用について

大学の授業の場合はこちら

博物館実習生の受け入れも行っています。

(写真:解説を聞く子どもたち2) (写真:図鑑を使った学習に取り組む子どもたち)

2.2. 天文授業サポート

教師の負担軽減を図りつつ、多くの子どもたちに本物を観察する機会を提供できるよう、学校などへ天文台の職員を派遣し、授業の支援、天体観察の支援(太陽、月など昼間の観察を含む)、学校の望遠鏡の調整、望遠鏡の使い方の研修などを行っています。天文授業サポートについて

2012年には金環日食にあわせて「群馬県一斉日食観測ネットワーク」を実施しました。

県が総合教育センターで行う教員対象の研修に、講師として職員を派遣しています。過去には、連携協力校事業(小中学校での実践を通して理科[天文分野]の効果的な学習指導方法を探る試み)、教員を対象とした研修講座、授業で使える教材の開発なども行いました。

3. すそ野拡大

3.1. 他施設との連携

県内の施設に職員を派遣し、講演会や天体観察会を行っています。

主な派遣先:生涯学習センター、昆虫の森、自然史博物館、ぐんまこどもの国児童会館、利根沼田文化会館、高山村。

3.2. 講師派遣

県民からの求めに応じて講師を派遣し、講演会や天体観察会を行っています。詳しくは職員派遣(出前講座)をご覧下さい。

3.3. ボランティア

ぐんま天文台ボランティア」として約30名が登録しており、案内・誘導などのお手伝いをしていただいているほか、月に1度程度「ボランティア学習会」と「ボランティア自主企画」を開催するなどしてボランティア同士および職員とボランティア参加者の交流をすすめています。関心のある方はお問い合わせ下さい。

3.4. 天体画像の提供

ぐんま天文台が撮影した天体写真などは、学校の授業、博物館等のイベント、教科書、図鑑、新聞など、さまざまな場面で利用されています。利用を希望される場合は「Webサイトの使用について」をお読みください。

4. 広報

4.1. 記者発表・情報提供

天文現象の紹介、観測結果の速報、イベントの紹介などを目的として、県庁の記者クラブ(刀水クラブ)と東京事務所(ぐんまちゃん家)において、記者発表や資料提供を行っています。

4.2. 広報誌の発行

広報誌「ステラーライト」こども壁新聞「ほしぞら」を発行しています。いずれも天文台内にて来館者に配布しているほか、ステラーライトは全国の天文台などに、ほしぞらは県内全ての小学校、中学校、高等学校などに送付しています。

4.3. 新聞連載記事など

上毛新聞にて、記事の連載を平成11年度より継続しています(毎週金曜日に掲載)。桐生タイムズで記事の連載を平成11年度と12年度に行いました。

平成23年度には、NHK FM(前橋放送局)で放送されていた番組「トワイライト群馬」の毎月第2火曜日のメイン企画「群馬星物語」に、職員が毎回出演しました。

4.4. Webサイトの運営

天文現象の解説やぐんま天文台の案内などを掲載するウェブサイトを運営しています。更新頻度は1年で200回程度、トップページへのアクセス数は1年で約20万件です。

詳細

詳細については年次報告をご覧ください。