小中学校による利用

現行の学習指導要領では、体験的な学習の重視や、博物館などと積極的に連携を図るよう配慮することが求められています。ぐんま天文台で「本物の体験」を伴う学習を実現しませんか。

義務教育課程では、天文の学習が小3・小4・小6・中3で、光の学習が小3・中1で扱われますが、これ以外の学年による天文台の利用も多数あります。

天候不良で「本物の体験」ができない場合でも、館内で学習できるプログラムを用意しています。「次は天気の良いときに家族と来てみたい。」「明日、天気が良かったら家で星を見てみたい。」など、興味を持続させる学習ができます。

150cm望遠鏡の解説を聞く子どもたちの写真
図鑑を使った学習に取り組む子どもたちの写真
巨大日時計で太陽の動きを観察する子どもたちの写真

学習プログラム一覧

天文台で学習できるプログラムの一覧です。この他にも学習のねらいに応じて様々な学習内容を準備できます。学校の先生と打ち合わせをしながら、晴れた場合と天候不良の場合それぞれの学習案を作成します。

学習プログラム一覧
(○=実施可能   △=映像などを用いて実施)
所要時間 晴天 曇天
雨天
学習指導要領との関連
夜の学習 大型望遠鏡による天体観察
150cm 望遠鏡 65cm 望遠鏡
15〜30分   小4 月と星(星の明るさ、色)
小6 月と太陽(月の表面の様子)
中3 太陽系と恒星(惑星と恒星、銀河系の存在)
観察用望遠鏡による天体観察
小型望遠鏡6台
20〜30分  
星座・天の川・星の動きの観察
屋外モニュメント前 観測広場
10〜30分   小4 月と星(月の形と動き、星の動き)
小6 月と太陽(月の位置や形と太陽の位置)
昼の学習 太陽黒点やプロミネンスなどの観察
太陽望遠鏡スペース
15〜25分 小6 月と太陽(月の位置や形と太陽の位置)
中3 太陽系と恒星(太陽の様子)
巨大日時計で太陽の動きを観察
屋外モニュメント
10〜20分   小3 太陽と地面の様子(日陰の位置と太陽の動き)
昼間の星の観察
小型望遠鏡6台
15〜25分   小4 月と星(月の形と動き、星の明るさ、色)
中3 太陽系と恒星(惑星と恒星)
昼夜問わず 大型望遠鏡の見学
150cm 望遠鏡 65cm 望遠鏡
15〜25分 小3 光の性質(光の反射・集光)
中1 光と音(光の反射・屈折、凸レンズの働き)
星空案内・宇宙の広がり(3Dシアター)
映像ホール
20〜40分 小4 月と星
小6 月と太陽
中3 天体の動きと地球の自転・公転、太陽系と恒星
展示コーナー見学 15〜40分 小4 月と星
小6 月と太陽
中3 天体の動きと地球の自転・公転、太陽系と恒星
簡易分光器製作 30〜40分 小4 月と星(星の明るさ、色)
中1 光と音(光の反射・屈折、凸レンズの働き)
中3 太陽系と恒星(惑星と恒星)
天文トピック解説
観測普及研究員による解説
30〜40分 宇宙に関する最新の話題を観測普及研究員が解説します
(例)ブラックホールとは、太陽系について、系外惑星とは など
学校のねらいに応じた特別プログラム 応相談 実施例:星座早見の見方(30分)、月の満ち欠けの仕組み(30分)、望遠鏡の使い方(60分)、研究員への質問コーナー(15分)など。
150cm望遠鏡の前で鏡とレンズの話をきく子どもたちの写真
太陽望遠鏡スペースで太陽を観察する子どもたちの写真
夜、屋外で星空を観察する子ども供たちの写真

学習プログラム組み合わせ例

90分間の利用を例にした、プログラムの組み合わせ例です。学校側からのご要望、相談に基づいて、児童、生徒の実態、各学校のねらいにあわせた学習計画を天文台からご提案します。4クラスまで対応できます。

2学級・夜間(90分)の学習例

晴天時の学習計画
時間1組2組
20分星座・星の動き観察
30分天体観望(観察用望遠鏡)天体観望(150 cm 望遠鏡)
30分天体観望(150 cm 望遠鏡)天体観望(観察用望遠鏡)
10分星座・星の動き観察
天候不良時の学習計画
時間1組2組
20分太陽観察
(映像にて)
150 cm 望遠鏡見学
20分150 cm 望遠鏡見学太陽観察
(映像にて)
40分星空案内 3Dシアター

2学級・昼間(90分)の学習例

晴天時の学習計画
時間1組2組
20分日時計
20分太陽観察150 cm 望遠鏡見学
20分150 cm 望遠鏡見学太陽観察
20分3Dシアター
10分日時計
天候不良時の学習計画
時間1組2組
20分太陽観察
(映像にて)
150 cm 望遠鏡見学
20分150 cm 望遠鏡見学太陽観察
(映像にて)
30分3Dシアター
20分展示コーナー見学

学習計画例(指導案)

詳しく知りたい方へ