本文へジャンプ
お問い合わせ   サイトマップ
ぐんま天文台 > 利用案内 > 深夜の占有利用

深夜の占有利用 (望遠鏡貸し出し利用)

深夜の占有利用は平成20年度末をもって終了いたしました。
長年のご利用ありがとうございました。

占有利用制度の変更について
このページは記録のために残してあります。

金曜日・土曜日・日曜日(※)の深夜10時から翌朝6時までは、天気が良ければ、ぐんま天文台の施設の一部を貸切りで利用し天体を観察することができます。一部の作業を除き、操作はお客様自身の手で行って頂きます。予約が必要です。
(※) 月曜日から木曜日までは、祝日であっても占有利用を行なうことはできません。

ぐんま天文台が所有する望遠鏡やカメラを借りる場合には、事前に望遠鏡操作資格取得講習会に参加し、望遠鏡操作資格を取得する必要があります。望遠鏡設置スペースを借りて自分の望遠鏡を持ち込む場合は、資格は不要です。

貸し出し可能な機材

65cm望遠鏡(1台)、観察用望遠鏡(6台)、望遠鏡設置スペース・移動式望遠鏡(10箇所)からお選び下さい。カメラ、フィルター、分光器なども借りられます。

利用できる機材の詳細を見る

望遠鏡操作資格

望遠鏡操作資格は望遠鏡操作資格取得講習会で取得できます。申し込みが必要です。

有資格者は少なくとも1年に1度、ユーザーズミーティングにご参加ください。

利用を申し込む

申し込みをされる場合は占有利用のきまり必ずお読みください

予約状況を見る

申し込み用紙 (65cm望遠鏡とそれ以外で用紙が異なります)
 65cm望遠鏡申し込み用紙(PDF)
 貸し出し望遠鏡スペース・移動式望遠鏡・観察用望遠鏡申し込み用紙(PDF)
 PDFファイルが読めない方は以下をご利用ください:
 65cm望遠鏡申し込み用紙(GIF)
 貸し出し望遠鏡スペース・移動式望遠鏡・観察用望遠鏡申し込み用紙(GIF)

利用料金は、望遠鏡スペース 1箇所 200円 (移動式望遠鏡を使用してもしなくても同額)、観察用望遠鏡 1台 500円、65cm望遠鏡 2000円。カメラ等を利用する場合も同じ金額です。

関連情報