65cm反射望遠鏡

65cm反射望遠鏡の写真

この望遠鏡は150cm反射望遠鏡に比べて鏡が小さいため、集光力では劣ります。そのかわり、視野が150cm反射望遠鏡より広いという利点があります。

ワンダーアイとよばれる装置により、車椅子に座った人でも、背の高い人でも、楽な姿勢で天体をご覧いただけます。

研究のための観測を行うこともあるほか、冬季に日数限定で観測体験時間での貸し出しも行っています。(平成20年度までは、毎週金曜土曜日曜に、占有利用で貸し出しを行っていました。)

観測装置

CCDカメラ

CCDカメラは3台あり、後述のフィルターと組み合わせて使用します。

CCDカメラの仕様
Alta U6AP8AP7
chipKodak KAF-1001ESITe-SIA003ABSITe-SIA502AB
ピクセルサイズ24µm24µm24µm
ピクセル数1024 × 10241024 × 1024512 × 512
CCDサイズ24.6 mm × 24.6 mm24.6 mm × 24.6 mm12.3 mm × 12.3 mm
視野(65cm望遠鏡取付時)約10分角約10分角約5分角
照射表面裏面裏面
冷却方式水冷水冷空冷
読み出し時間〜1秒〜40秒〜10秒
1カウントあたり電子数1.4 e-4〜5 e-4〜5 e-
Full Well200K e->350K e->350K e-
感度-青色側でAlta U6より高い青色側でAP8より高い
その他ダークレベルが低い
バイアスレベルが低い
結露による傷あり
バイアスレベルが高い
-

フィルターの種類は次のとおりです。

U, B, V, R, I (Bessel), g', r', i', z' (Gunn), ND, Hα, Hβ HeII, [OIII], [SII], その他、彗星輝線に対応するもの。

電動フィルターホイールに取り付けられるのは6枚までですが、それとは別に手差しで使うことも可能です。

小型低分散分光器 ( GCS , Gunma Compact Spectrograph )

仕様およびデータは小型低分散分光器のページをごらんください。

低中分散分光器 ( Middle and Low Dispersion Spectrograph )

光電測光器 ( Optec SSP-7 Precision Photoelectric Photometer )