☆☆☆天動説と地動説☆☆☆

 みなさんは、太陽が東の空から昇って西の空に沈む、という言い方をしますね。星も同じように東から西に動いていくと言いますね。地球にいる人からから見ると、地球は止まったままで、空に浮かぶ天体が地球の周りを回っているように見えます。
オリオン座の10分間の動き

15世紀(今から500年くらい前)までの宇宙観

 昔の人も同じように「地球は宇宙の中心にあって、太陽や月や星が、この地球の周りを回っているのだ」と信じていました。これを『天動説』といいます。これは、アレキサンドリアの天文学者プトレマイオス(2世紀ころ)の考えがもとになっています。
プトレマイオスの宇宙
宇宙開発事業団(NASDA)提供
次のページへ