本文へジャンプ
お問い合わせ   サイトマップ
ぐんま天文台 > 特集・画像等 > 天文ニュース > ぐんま天文台に月光虹が出現 (2013年10月16日) (10月19日掲載)

ぐんま天文台に月光虹が出現 2013年10月16日

月光虹 月光虹

10月16日(水)18:20ごろ、ぐんま天文台で「月光虹(げっこうにじ)」が観測されました。

月光虹とは文字通り月明かりでできる虹です。月の明かりは太陽に比べて非常に暗く、また、雨が降るような天候では月が見えないことが多いため、稀にしか見られません。

10月16日(水)18:20ごろ、ぐんま天文台の付近は、台風26号が過ぎ去ったあとの冬型の天候で、晴れてはいるものの北からの強風で雨が飛んでくる状況でした。空には満月少し前の月齢11の月があり、飛んできた雨に月明かりが当たって虹が現れたものと思われます。肉眼ではうっすらと白っぽいアーチ状にしか見えませんでしたが、長時間露光で撮影したところ、はっきりと虹が写りました。

ぐんま天文台では、2006年10月7日にも月光虹が観測されており、今回は約7年ぶりの出現です。