遊歩道と駐車場

遊歩道の写真

駐車場と天文台本館は遊歩道で結ばれており、移動には10分から15分程度かかります。遊歩道は長さ600メートル、標高差60メートルで、階段があります。駐車場が離れている理由は、車のヘッドライトが観測の妨げになることや、天文台のある山は開発が規制されていることなどです。皆様の御理解をお願いいたします。

駐車場は約100台が駐車可能で、無料でご利用いただけます。閉館後は閉鎖します。

平日(特定の日を除く)の団体利用(概ね20名以上)を事前に予約された場合、事前に申請することで、天文台本館前までバスの乗り入れができる場合がありますのでお問い合わせください。バスを乗り入れた場合、遊歩道は通りません。乗り入れはバスに限られ、マイカー(普通車等)は乗り入れできません。

遊歩道の写真

体の不自由な方は、天文台の車で駐車場から玄関前まで送迎するか、車で天文台のすぐ側まで来られるよう手配いたしますので、駐車場トイレ脇の直通電話か、林道を直進した先にあるゲート脇の直通電話から、天文台事務室に連絡して下さい。館内ではベビーカー(2台)と車椅子(3台)の貸し出しも可能です。

送迎は体の不自由な方と最小限の人数の介助者に限ります。同伴の健康な方は歩いていただいております。また、極端に混雑する日(流星群、日食、月食がある場合で晴れた時など)については、送迎に長い時間がかかる場合がありますが、ご了承ください。

通常は天文台の車での送迎となります。マイカーの乗り入れが認められるのは、天文台の車への乗換も困難なほど歩行が困難な方が車椅子を持参されている場合など、特別な場合に限ります。

流星群観察会など、通常の閉館時刻(夏:夜10時、冬:夜9時)以降に行われるイベントでは、通常の閉館時刻以降の送迎を行えない場合があります。

遊歩道の写真

夜も足元を照らす電灯が点灯していますので、懐中電灯を持参する必要は普段はありません。(閉館後は消灯します。) 遊歩道では季節によりさまざまな鳥たちの歌声や紅葉などを楽しむこともできます。 万が一、蛇や大きな蜂が出現した場合には、脅かしたり手を触れたりしないで放置し、職員にご連絡ください。(ごく稀にしか現れませんのでご安心ください)。