土星

土星

大きな環が目立つ惑星、土星。環は氷の粒が集まってできています。気象条件が良ければ、環にある黒いスジ(カッシーニの隙間)も見られます。この写真には写っていませんが、観望会では土星の衛星も同時に見られます。

土星の見かけの大きさは月の100分の1程度と小さいため、環を観察したい場合は口径50ミリ以上の望遠鏡を使い、倍率100倍以上での観察をお勧めします。

この写真は観察用望遠鏡MT300とビデオカメラで撮影し、ビデオ映像を画像処理したものです。

赤外線カメラで撮影した土星

150センチ望遠鏡の赤外線カメラで撮影した波長2.2ミクロンの単色像です。土星本体は暗く、土星の環が明るく輝いています。これは、土星大気中のメタン分子によって赤外線が吸収され、メタンガスのない環の方が太陽からの赤外線をより多く反射するからです。

見え方の変化

土星の環 見え方の変化 土星 2005年1月 土星 2006年3月 土星 2007年2月 土星 2008年3月 土星 2009年2月 土星 2010年6月 土星 2011年5月 土星 2012年5月 土星 2013年5月

環の見え方は毎年変化します。

見たい年の画像をタッチまたはクリックすると、画像を拡大して表示します。

土星食

土星食とは、土星が月の背後に隠れる現象です。2002年3月20日の土星食の記録を見る